忍者ブログ
2008年12月、三鷹市議会で、家庭ごみ有料化の導入が可決されました。今年10月から、三鷹市で可燃ゴミと不燃ゴミを出すには、有料のゴミ袋に入れなくてはいけません。この不景気に増税! なんでもかんでも燃やす方法でゴミを処理する三鷹市。環境負荷が高すぎます。 私たちは、三鷹市による環境負荷が高いゴミ処理方法にも有料化にも納得できない!、三鷹市民の集まりです。 皆さん、ご一緒に声を上げていきましょう!
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今年3月27日に、三鷹市内で活動している団体が頻繁に利用している「協働センター」についての懇談会が行なわれました。
 この会場は2年前に従軍慰安婦のパネル展が行なわれた際、従軍慰安婦問題は無かったなどと主張する団体が乱入するなどして混乱が生じ、その後市側が事後対応として(?)、この施設を利用する市民団体の活動に制限(印刷文書の事前チェックなど)を行なおうとした経緯がありました。
 少なくない利用団体からの何度もの抗議と話し合いの後、今はとりあえず落ち着いています。
この問題を契機に、利用している団体相互での交流が新たに始まり、前記の懇談会開催となりました。報告集も出されていますが、今回は当「ごみ有料化。納得できない!三鷹市民の会」から参加した高田さんの発言を紹介します。

高田です。
2009年10月1日から家庭ごみの有料化が始まったが、この前年「広報みたか」で「有料化を検討している」という記事を見たときには本当に驚いた。というのがその号の直前に「市民のみなさまの分別の協力で年々ごみは減っている、2015年を目標としていた一人一日あたりのごみ量850gをすでに達成しました・・・」という様な記事がでていたから。それなのに唐突に「さらなるごみ減量のために有料化を・・・」には正直、分別の努力を裏切られたという感想を持った。
有料化しなくても、もっと他にも減量のためにやれること、やるべきことはあるというのが、2008年に勉強会をかさねてはっきりした。そしてその年の8月にこの会はでき、会主催の出前説明会に市担当者に来てもらったり、また、市主催の出し方説明会にも誰かが必ず出たが、その結果疑問は増すばかり。「最初から有料化ありき、ごみの減量なんて本気で考えていない・・・」と誰もが思った。他の団体といっしょに約4500筆の反対署名と請願も出したが、2008年12月の議会で決まってしまった。この年は‘’派遣きり‘’といわれる経済危機もはじまり、ごみは減っていくことは充分予測できた。他市では有料化凍結の英断さえあったというのに、三鷹では決まってしまった。
この間、再三市長と直に交渉したいと申し入れしていたが、会えたのが議会最終日。そして持論を延々とのべるのみ。市長がいう「協働」って施策に賛成する市民との協働で、異を唱える市民との「協働」は考えていないんだ、とつくづく思った。
今この会では広報による「有料化によってこんなにごみは減りました・・・」の数字の中身やごみ袋代として払った市民のお金の使われかた等の検証をはじめている。ごみゼロの日に発表したいと思っている。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[11/06 三鷹たろう]
[09/24 しまざき英治]
[02/05 正岡由美江]
[01/15 相川哲弥]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ごみ有料化。納得できない三鷹市民の会
性別:
非公開
自己紹介:
ちらし印刷代などへのカンパ、お待ちしています。
口座番号 00100-4-546300
口座名  ごみ有料化納得できない会
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © mitakaごみにケーション(旧:ごみ有料化。納得できない!三鷹市民の会) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]