忍者ブログ
2008年12月、三鷹市議会で、家庭ごみ有料化の導入が可決されました。今年10月から、三鷹市で可燃ゴミと不燃ゴミを出すには、有料のゴミ袋に入れなくてはいけません。この不景気に増税! なんでもかんでも燃やす方法でゴミを処理する三鷹市。環境負荷が高すぎます。 私たちは、三鷹市による環境負荷が高いゴミ処理方法にも有料化にも納得できない!、三鷹市民の集まりです。 皆さん、ご一緒に声を上げていきましょう!
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

請願の紹介会派でもある「にじ色のつばさ」の嶋崎議員の凍結請願採択に賛成の発言です。

【厚生委員会における賛成討論】
「家庭ごみ有料化の実施」凍結を求めることについて」の請願を出された方3人に本委員会にお越しいただき、請願についての補足説明をしていただき、更に代表された市民の方と縷々(るる)質疑が行われました。その中で、昨年12月時点と現在時点とでは経済状況の好転は感じられないし、市民の生活実感では、暮らしはますます厳しくなっていると受け止めました。これは、9月1日に私が市長に対して行った一般質問「100年に1度、未曾有の経済・企業経営危機と市民のくらしについて」という中で、清原市長が、市民生活は実際には厳しい旨の答弁をされたことと一致すると判断します。
また、市が他市に見られない減免措置についても他市に比べればそうであるかも知れません。しかし、これまで政府が進めてきた「構造改革路線」市場原理第一主義、新自由主義による自己責任押し付けは想像を超えて市民の暮らしを破壊し、生活保護を下回る収入しか得られない勤労者もあり、残業カットなどで更に生活が厳しくなる三鷹市民が現実にいることも今日の質疑で明らかになりました。
市民への周知も不十分であることもわかりました。
請願された方は、有料化するのに反対ではないということを繰り返し発言された。市民の中に、有料化によらず、まだまだ減量・資源化できる方法があり、ごみ処理費用も少なくなることもわかりました。市民の中に具体の知恵があると実感しました。
そうした人びとの中にある工夫と知恵を生かすことが三鷹市が進める市民との協働だと思います。そうした市民と市長は直接会って話を聞かれることを望みます。
市民の暮らしが厳しくなっていることに鑑みて、有料化を凍結し、市民とともに市民の中にある生活の知恵を生かすことによりごみ減量化・資源化施策を進めると政治判断した自治体があるのだと思います。
市民のみなさんが凍結を求めることは当然であると改めて思い知らされました。よって、この請願に賛成いたします。
 

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[11/06 三鷹たろう]
[09/24 しまざき英治]
[02/05 正岡由美江]
[01/15 相川哲弥]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ごみ有料化。納得できない三鷹市民の会
性別:
非公開
自己紹介:
ちらし印刷代などへのカンパ、お待ちしています。
口座番号 00100-4-546300
口座名  ごみ有料化納得できない会
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © mitakaごみにケーション(旧:ごみ有料化。納得できない!三鷹市民の会) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]